グラミー賞とNFTの夜:現地レポート── coindesk JAPAN

第64回グラミー賞授賞式が現地時間4月3日夜にラスベガスで開催された。司会を務めたコメディアンのトレバー・ノアは、オープニングでアカデミー賞での騒動をネタにジョークを言ったが、もう1つ、ネタにした。暗号資産(仮想通貨)だ。

オープニングだけでなく、スポンサーイベントやアフターパーティ、NFTミートアップなどで2つの暗号資産企業は存在感を示していた。1社は暗号資産取引所バイナンス(Binance)、もう1社はテゾス(Tezos)ブロックチェーン上の音楽NFTトークンプラットフォームのOneOf。


画像:Eli Tan/CoinDesk

編集部のおすすめ記事

新着記事