女優・創作あーちすと”のん”がNFTホルダー限定コミュニティをReConeで開設!発行済NFTの価値向上に限定コミュニティが寄与

のんが発行するNFTのホルダーは、限定動画の視聴や限定記事の閲覧が可能に

NFTホルダー限定のメタバースコミュニティ『ReCone(リコーン)』にて、女優・創作あーちすと”のん”のNFTホルダー限定コミュニティを開設いたしました。

no plan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡室 庄悟)は、同社が運営するNFTホルダー限定のメタバースコミュニティ『ReCone(リコーン)』にて、女優・創作あーちすと”のん”のNFTホルダー限定コミュニティを開設いたしました。

ReCone(リコーン)の概要

<<NFTを発行して終わりにしない。継続的な関係性を生み出したいという声から生まれた、NFTホルダー限定コミュニティ>>

ReConeは自身の発行したNFTを保有する者にのみに発信ができる、メタバースコミュニティです。
ReCone内でクリエイターはライブ配信、限定記事の公開、クリエイター本人とのテキストチャットをNFTホルダーのみへ提供することができます。

公式サイト:https://www.recone.app/

ReCone内でクリエイターとNFTホルダーはコミュニティ内で双方向のコミュニケーションを取ることで、お互い長期的なメリットを獲得することができます。

【クリエイターにとってのメリット】
NFTは一般的にクリエイターが販売した時点で、クリエイターと購入者の関係性が終了します。しかし、NFTを会員権としたコミュニティを開設することで、購入したファンの方と長期的な関係性を構築することが可能になります。
またReCone内での自分の活動により、過去に発行したNFTの価値を高めていくことが可能となります。

【NFTホルダーにとってのメリット】
NFTホルダー限定のコミュニティが開設されると、NFTホルダーはクリエイターと継続的な関係性を獲得することができます。
またコミュニティが活性化されると、過去に販売したNFTに対して現在進行形で新たな価値が生まれます。そうなることで会員権としてのNFTの価値が高まり、ホルダーにとってもメリットが生じます。

ReConeの開発背景

NFTを介したビジネスは世界中で急速に拡大するなかで、その売買を行う多様なマーケットプレイスが出現し取引拡大を支えています。その一方で、アート作品などのNFTを購入したファンとクリエイターを繋ぐプラットフォームの整備は遅れていて、熱狂的な思いは行き場を失っている状態が続いていました。
そこでno planは、NFTマーケットにおけるアーティストとファンの気持ちを繋ぐ国内初のプラットフォームとしてReConeを開発しました。ReCone独自のソリューションとして、あらゆるNFT(OpsenSea, ReConeなど)のホルダーのためのメタバースコミュニティを作り上げ、クリエイターとファンの交流促進を実現します。


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000057625.html
画像:PRTIMES

編集部のおすすめ記事

新着記事