ミクシィのNFT戦略は日本のスポーツビジネスのグローバル化【木村社長】── coindesk JAPAN

世界中でWeb3へのシフトが進むなか、ミクシィがブロックチェーンを基盤技術にするNFTを活用した事業開発を急ピッチに進めている。同社の木村弘毅社長が狙うのは、日本全体におけるスポーツ事業の規模拡大と競争力強化だ。

ミクシィは、サッカーJリーグの全試合などを配信する動画ストリーミングのDAZNと共同でNFT事業を本格化させる一方で、GameFiの可能性を含めたゲーム経済圏の拡大を検討していく。木村社長がcoindesk JAPANの取材で明らかにした。

編集部のおすすめ記事

新着記事