全世界170か国で愛された『セルフィ』アバターxWeb3プロジェクト『ClawKiss』本格始動!独自トークンの情報も解禁

cocone connect株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:冨田洋輔、以下「cocone connect」)は、全世界170か国以上で愛されたアバターブランド『セルフィ』を使用したGameFiプロジェクト『ClawKiss(クローキス)』の公式サイトおよび公式SNSを公開いたしました。

『ClawKiss』公式サイト

https://clawkiss.com/
みなさまをヴァンパイアの世界へご招待いたします。

公式コミュニティ

・Discord:https://discord.gg/S2yqPGgYrF
・Twitter:https://twitter.com/clawkiss_twt
・Medium:https://medium.com/@clawkiss_md

『セルフィ』アバターを活かした開発の背景

『セルフィ』は2006年にリリースされ、2022年8月に16周年を迎えるアバターブランドです。
世界170か国以上で1300万人以上が遊んでいるという実績を持ち、最も魅力的なアバターブランドのひとつとしての地位を築いています。
そのような『セルフィ』だからこそ、これからのメタバース時代におけるデジタルファッションの先駆けになると考え、『セルフィ』のデザインを最大限活かした形で『ClawKiss』の開発を進めて参りました。

アバターサービスにおけるグループの力

親会社であるココネ株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:冨田洋輔、以下「ココネ」)を筆頭に、ココネグループは「CCP(※1)」というジャンルで10年以上にわたりサービスを展開してきました。人々を虜にする可愛いアバターコンテンツでは、豊富な経験とノウハウを有していると自負しております。

『ポケコロシリーズ』や『リヴリーアイランド』などの人気アバターサービス上では、デジタルアイテムを14万種制作、90億個の流通実績があり、CCPタイトルの売上げ上位には多くのココネグループ制作のアプリがランクインしています。

メタバース、ブロックチェーンをグループで推進

良質なデジタル空間──メタバースが重要視される現代において、もうひとりの自分であるアバターの価値は、過去と比べ物にならないほど重要になっています。デジタルアイテムの制作実績と、コミュニティ運営のノウハウを持ったココネグループにはこれからの業界をリードする基盤が準備されています。

現在グループ全体で100名以上がブロックチェーンおよびGameFi事業に携わっており、アバターサービスのノウハウと新規プロジェクトへの潤沢なリソースを持っているからこそ、世界基準かつ世界規模の「kawaii」という価値を新しい形で提供することが可能です。

進化するCCPの楽しさとブロックチェーン技術の活用によって、お客様が所有するアバター=デジタル資産の価値拡大を目指してまいります。

※1:Character Coordinating Playの略。「キャラクター(Character)」が存在し、「コーディネート(Coordinating)」要素をもち、「遊ぶ(Play)」ことができるサービスのことをココネグループが独自に定義した言葉。

「Dress to Earn」を叶えるGameFiプロジェクト

『ClawKiss』はアバターサービスにブロックチェーン技術を組み込み、既存のサービスとは違った観点を持つ、今までにない新しいプロジェクトです。

プレイヤーは「人間社会に紛れて生きるヴァンパイア」です。ESAと呼ばれる自分専用のヒューマノイドを所持し、着せ替えからプレイヤー同士の交流、ESAの吸血まで、ヴァンパイアとしての生活を思う存分お楽しみいただけます。

コーディネート要素をメインコンテンツとして、ブロックチェーン技術によりNFT化されたアバターで遊びながら生活を豊かにする、「Dress to Earn」を叶える新感覚のブロックチェーンゲームです。

すでに存在する多くのGameFiは暗号資産などの経済的側面に強く焦点を当てていますが、『ClawKiss』では現代社会に生きづらさを感じている方々が感性を存分に発揮することができるメタバースとなることを目標に、居心地の良い楽しさの提供をメインに据えてサービスを構築しております。

トークンエコノミーの成長・成熟の達成はもちろんのこと、Play to Earnとしての側面だけに価値を見出すのではなく世界基準の「kawaii」を存分に活かし、世界中のプレイヤーに『ClawKiss』だからこその癒しと開放感を提供します。
※英語圏でのリリースを予定しております。

今後の展開

『ClawKiss』はココネの子会社であるPOST VOYAGERが作成したブロックチェーンネットワーク『MOOI Network』を基盤に構築されます。

プレイヤーがサービスを気軽に楽しめるように、MOOI Networkは直感的なUI/UX設計の使用、低価格な取引手数料および高速で利便性の高いブロックチェーンの確立を目指しています。
低レイヤーから同グループで用意し、『ClawKiss』をはじめとした様々なGameFiプロジェクトをMOOIプラットフォーム上で展開、そしてサービス独自のトークンやNFTを発行していきます。

ClawKissは世界に向けたプロジェクトとして2022年年内を目標にリリースされます。
プレイヤーの皆様に末永く楽しんでいただけるよう、Play to Earn要素の充実はもちろん、日本発の「kawaii」を世界に伝えるサービスとして常に新しい癒しと感動を与えられるものにしていきます。 
世界中で何百万人のプレイヤー数を誇るブロックチェーンプロジェクトへと成長させることを第一に目指します。

・POST VOYAGER公式サイト:https://postvoyager.com/
・MOOI Network公式サイト:https://mooinetwork.io/mooinetwork

cocone connect代表取締役 冨田洋輔のコメント

ココネグループはWeb3にフルべットしています。
2019年韓国Kakaoのブロックチェーン『Klaytn』の初期ガバナンスに参画してから、研究を続けてきました。
このたびKlaytnのside-chainとして自社ブロックチェーンネットワーク『MOOI』をリリースします。
Wallet、DEX、DeFi、Bridge、NFTマーケットプレイスなどをすべてインハウスで構築し、そのエコシステムに載せるBCGをココネグループ内で複数本、準備しております。
今回の『ClawKiss』もまさにそのMOOI Networkを成功させるために準備したBCGとなります。
ブロックチェーンのエコシステムを同グループ内で作り上げ、100名を超える規模でWeb3事業にフルコミットしている企業は世界でも未だ多くないと考えております。

私たちはWeb3時代を代表する企業になるべく、Web3の未来に賭けます。
『ClawKiss』が描くアバターによるヴァンパイアライフ。
Web3時代の新しい生き方と経済を実現させる作品となることを信じております。

Go All-in on #Web3

コピーライト表記

©︎cocone connect corp.

cocone connect株式会社について

2021年4月に設立。『メタバース時代における人類の新しい世界を創る』ことを掲げ、アバター領域に特化したM&Aとバリューアップを手掛けるカーブアウトベンチャーです。デジタルブランドの企画・開発、バーチャルマッチング分野への参入をベースに、Web3時代にふさわしい新しいマーケットを開拓します。

cocone connectは『すべての個人』が輝けるデジタルワールドの創設と世界展開に向けて邁進してまいります。

会社概要

代表取締役:冨田洋輔
設立:2021年04月
URL:https://cocone-connect.co.jp/
所在地:東京都世田谷区若林3丁目1番18号

共に働く仲間を募集します

cocone connectでは、Web3領域で世界を相手に事業へ挑戦していただける方を募集しております。

今後ますます拡大を続けていくメタバース、ブロックチェーン、NFT。
今現在、スマートフォンゲームの”次の進化”を生み出す絶好の機会を迎えています。
後世を変えるものを創り出すには今しかありません。

最先端の技術・思考を活用し、創造し、CCPサービスの在り方を進化させていく仲間を心よりお待ち申し上げます。

詳しい募集要項は採用サイトをご覧ください。
https://clawkiss-recruit.notion.site/Studio-Vamps-b14d83634bd14bdd9bac0ccd4ef4f43a

本リリースに関するお問い合わせ先

cocone connect株式会社
e-mail:info@ct.cocone.co.jp


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000086190.html
画像:PRTIMES

編集部のおすすめ記事

新着記事