【慶應義塾大学FinTEKセンター主催】Web3専門家と食・ファッションビジネス・キャリアの専門家が対談。「Web3で日常はどう変わるのか」を想像するイベントを7月16日開催

Forbes JAPAN Web編集長、フードエッセイスト 平野紗季子、ビームス DX推進室長、Fracton Ventures代表、「あたらしい経済」編集者、暗号屋代表社員ら登壇

Web3型の学び・就活支援プラットフォーム「STAR」の実証実験を12の参画企業・団体と共に行う、慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンター(以下、FinTEKセンター)(東京都港区、センター長:中妻照雄)は、大学生や社会人に向けたイベント「身近なテーマで妄想してみる!Web3の世界」を、2022年7月16日(土)11:00-17:30に開催いたします。

本イベントでは、食・ファッションビジネス・キャリア等、様々な業界専門家とWeb3専門家が、テーマごとに「Web3によって社会や実生活はどう変わるのか」を自由に想像し、対談します。昨今注目が集まりながらも、技術系を専門としない学生・社会人には未だ身近に感じられない「Web3」を、生活に密着するテーマを通して登壇者と共に想像をめぐらす時間にしたいと考えております。
オンサイト会場はFinGATE KAYABA(東京都日本橋茅場町)、オンラインはZoomで、ハイブリッド型の実施。事前申し込み制、参加費は無料です。
日本初の大規模な「Japan Blockchain Week 2022」(2022年7月6日-18日開催)における、大学生・社会人向けの公式イベントとなります。

イベント申し込みページ:https://www.star-project.org/web3seminar

■誰でも直感的に「Web3の世界」を想像できるイベントを開催
昨今注目を集めるWeb3やブロックチェーンが様々な業界を変えつつあるなか、その認知・理解は、一部の専門人材・学生のみにとどまっている現状があります。そこで、Web3やブロックチェーンに関する理解を、技術系を専門としない学生や社会人にも身近なテーマに落とし込み、社会や実生活が実際にどう変わりうるかをイメージする機会として、本イベントを開催いたします。

本イベントでは、食・ファッションビジネス・キャリア等、様々な業界の専門家とWeb3専門家がテーマごとに「Web3の世界」を自由に想像し、業界を超えて語り合います。
各界の専門家とWeb3専門家をつなぐモデレーターは、Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本有香氏。各界の専門家は、フードエッセイスト/フードディレクター 平野紗季子氏、株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長 兼 マーケティング部 矢嶋正明氏、Institution for a Global Society株式会社 取締役 事業・開発統括 中里忍氏が登壇。Web3専門家は、Web3のフロントランナーである、Fracton Ventures株式会社 Co-Founder 鈴木雄大氏、株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集者・記者 竹田匡宏氏、合同会社暗号屋 代表社員 紫竹佑騎氏をお招きします。

■イベント概要
○全体概要

タイトルSTAR Web3 Seminar「身近なテーマで妄想してみる!Web3の世界」
主催    慶應義塾大学 経済学部附属経済研究所 FinTEKセンター
日時    2022年7月16日(土)11:00-17:30
対象者大学生・大学院生・社会人など
参加費無料
開催方法ハイブリッド型
-オンサイト:FinGATE KAYABA https://www.fingate.tokyo/kayaba/
 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1茅場町一丁目平和ビル 1階
 東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分
 銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
 半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩12分
-オンライン:Zoom
会場協力FinGATE(平和不動産株式会社)https://www.fingate.tokyo/kayaba/
募集人数オンサイト会場での参加は、各部最大50名(午前・午後1部・午後2部で申込)
オンラインでの参加は、最大500名(1日プランで一括申込)
申込〆切オンサイト会場は一次〆切7月3日(日)、オンラインは7月14日(木)
申込方法イベントサイトより登録 https://www.star-project.org/web3seminar

○プログラム

時間プログラム内容
11:00-12:30【午前の部】「【超入門】対談前に知っておこう!新時代の常識「Web3」のきほん」(講座形式)
講師:Institution for a Global Society株式会社 上席研究員 阿部 一也氏
13:30-14:20【午後1部】「食とWeb3の世界」(対談形式)
登壇者:フードエッセイスト/フードディレクター 平野 紗季子氏
    Fracton Ventures株式会社 Co-Founder 鈴木 雄大氏
モデレーター:Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本 有香氏
14:30-15:20【午後1部】「キャリアとWeb3の世界」(対談形式)
登壇者:Institution for a Global Society株式会社 取締役 事業・開発統括
    中里 忍氏
    株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集者・記者 竹田 匡宏氏
モデレーター:Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本 有香氏
15:40-16:30【午後2部】「ファッションビジネスとWeb3の世界」(対談形式)
登壇者:株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長 兼 マーケティング部
    矢嶋 正明氏
    合同会社暗号屋 代表社員 紫竹佑騎氏
モデレーター:Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本 有香氏
16:40-17:30【午後2部】※テーマは後日公開※(対談形式)
登壇者:後日公開
モデレーター:Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本 有香氏

 
■出演者 プロフィール ※プログラム順
○Institution for a Global Society株式会社 上席研究員 阿部 一也氏(講師)
7/16 11:00-12:30 「【超入門】対談前に知っておこう!新時代の常識「Web3」のきほん」

Institution for a Global Society株式会社で、ブロックチェーンを活用したSTARプロジェクトのテックリードを担当している。
複数のITコミュニティの運営や先端技術に関するビジネスカンファレンスの企画や執筆など行っている。
https://i-globalsociety.com/

○Forbes JAPAN 執行役員 Web編集長 谷本 有香氏(モデレーター)
7/16 13:30-17:30 「食とWeb3の世界」「キャリアとWeb3の世界」「ファッションビジネスとWeb3の世界」他

Bloomberg TVアンカー後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーター。オードリー・タン台湾デジタル担当相、トニー・ブレア元英首相等、3,000人超の世界VIPをインタビュー。2022年1月より現職。
https://forbesjapan.com/

○フードエッセイスト/フードディレクター 平野 紗季子氏
7/16 13:30-14:20 「食とWeb3の世界」

小学生から食日記をつけ続け、慶應義塾大学在学中に日々の食生活を綴ったブログが話題となり文筆活動をスタート。雑誌・文芸誌等で多数連載を持つほか、ラジオ/podcast番組「味な副音声」(J-WAVE)のパーソナリティや、NHK「きみと食べたい」のレギュラー出演、菓子ブランド「(NO) RAISIN SANDWICH」の代表を務めるなど、食を中心とした活動は多岐にわたる。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)、『味な店 完全版』(マガジンハウス)など。instagram: @sakikohirano

○Fracton Ventures株式会社 Co-Founder 鈴木 雄大氏
7/16 13:30-14:20 「食とWeb3の世界」

2017年からブロックチェーン分野での講演、2019年から株式会社マネーパートナーズにて暗号資産・ブロックチェーン分野に携わる。2021年Fracton Ventures株式会社を共同創業、Web3.0プロジェクトを育成する日本発Web3.0 Incubation事業を展開。以後、国内外を問わず積極的にWeb3.0及びDAO分野で活動。
著書:インターネット白書2021(インプレスR&D社)、Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」(かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4761276177/

○Institution for a Global Society株式会社 取締役 事業・開発統括 中里 忍氏
7/16 14:30-15:20 「キャリアとWeb3の世界」

​Institution for a Global Society株式会社で、就活や組織開発で活用される能力評価ツール「GROW360」や、Web3型の学習支援就活サービス「STAR」を立ち上げ。
外資系PR会社でクライアントサービス責任者として300以上のサービスや商品のマーケティングPRを担当した後、オンラインメディア企業の広報及び協会ビジネス担当執行役員を経て現職。慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科で教育システムを研究中。システムエンジニアリング修士。
https://i-globalsociety.com/

○株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集者・記者 竹田 匡宏氏
7/16 14:30-15:20 「キャリアとWeb3の世界」

早稲田大学人間科学部人間環境学科卒業。幻冬舎「あたらしい経済」編集者・記者。
「あたらしい経済」は、2020年にJBAの「Media of the Year」を受賞。
https://www.neweconomy.jp/

○株式会社ビームス 執行役員 DX推進室 室長 兼 マーケティング部 矢嶋 正明氏
7/16 15:40-16:30 「ファッションビジネスとWeb3の世界」

1998年、ビームス柏のアルバイトを経て、入社。店舗販売から内勤CS業務の後、2005年にEC部門を立ち上げ、責任者に就任。15年間、EC事業を牽引しつつ、店舗とのオムニチャネル化やOMOを実現。2020年、執行役員。2021年より現職。
https://www.beams.co.jp/

○合同会社暗号屋 代表社員 紫竹 佑騎氏
7/16 15:40-16:30 「ファッションビジネスとWeb3の世界」

1986年生まれ、新潟出身。新卒入社したサイバーエージェントではエンジニアとしてゲーム、フレームワーク、動画メディア等の様々なプロジェクトを担当し2017年に独立。後に福岡で仮想通貨取引所 Mr. Exchange を CTO として設立・運用し、退職後はブロックチェーン事業に特化した合同会社暗号屋を設立。医療、アート、ゲーム等の分野で複数企業のブロックチェーンプロジェクトへのテクニカルディレクションや研究開発を行なっている。著書に「Web制作者のためのGitHubの教科書」。
https://www.ango-ya.org/

○株式会社MEME 代表取締役 齋藤 舞氏(司会)
7/16 11:00-17:30 全プログラム

親子でお金の管理を学べる子ども向けデビットカードアプリmanimo(マニモ)を開発・運営。親子のお金を管理する全ての課題を解決して、金融リテラシー向上を目指している。
https://www.memetech.co.jp/

■「Japan Blockchain Week 2022」とは

2022年7月6日-18日に開催する、日本初の大規模なBlockchain Week。Blockchain・Web3・NFTに関連するイベントが複数開催予定です。
2018年より開催されているNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」が主体となり、業界内に広がる様々なカンファレンスやコミュニティの賛同を受け、NFT(Non Fungible Token)を中心にブロックチェーンの普及啓発、および健全な暗号資産業界の発展を企図して開催されます。

・イベント公式サイト:https://japanblockchainweek.jp/ja/

■FinGATE とは

平和不動産株式会社が運営する、これからの金融を担う独立系資産運用会社やFintech等の金融系スタートアップの起業・発展を支援するインキュベーションプラットフォームです。成長企業に対し、「オフィス等のインフラ整備」「ビジネスマッチング支援」「ミドルバックサービス支援」といったサービスを提供することによって、事業立上げ・ビジネス拡大をサポートしております。

・公式サイト:https://www.fingate.tokyo/

■「STAR(Secure Transmission And Recording)」とは

ブロックチェーンを活用した、Web3型の学び・就活支援プラットフォーム。全国の大学生・大学院生7,000名以上が登録。(2022年5月末時点)
学習歴や能力データ等の個人情報の、主体的かつ安全な管理・活用を目指す。個人情報を開示する対象企業・範囲・期間は、学生がコントロールすることができます。既存の大手SNS・就活プラットフォームとは異なり、プラットフォーマーですら学生の個人情報は見ることができない、非中央集権型(Web3型)の仕組みとなっています。

STARは3年間(2020年8月開始)にわたる産学連携の実証実験であり、研究主幹はFinTEKセンター、システム開発・運営はInstitution for a Global Society株式会社が行い、他12の企業・団体が参画しています。
【参画企業】
コクヨ株式会社、住友商事株式会社、住友生命保険相互会社、広島大学、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社、三井住友信託銀行株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、KPMGコンサルティング株式会社、SMBC日興証券株式会社、SOMPOホールディングス株式会社、株式会社Too

・サービスサイト:https://www.star-project.org/

■FinTEKセンター とは

FinTEKセンターは、広義のフィンテックに関する学際的研究と教育のための組織です。 本センターは、情報通信技術、暗号学、経済理論、データサイエンスなどを活用した先駆的研究を促進するとともに、フィンテックが経済と社会に与える影響を実証的に分析し、適切な制度設計と経済運営のための政策提言を行うことを目指しています。

・公式サイト:http://fintek.keio.ac.jp/


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000087372.html
画像:PRTIMES

編集部のおすすめ記事

新着記事