日本初!都内某所に「Mutant Ape Yacht Club」をアイコンに使用したWeb3.0リアルコミュニティスペースがオープン予定 。

猿のNFTでつながる大人気コミュニティ「Mutant Ape Yacht Club」。そのアイコンを使用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」がリアルの世界に!

世界的なNFTコレクション 「Bored Ape Yacht Club」(読み:ボアード エイプ ヨット クラブ。以下BAYC)に用いられている猿のキャラクターが、“突然変異した”というコンセプトで誕生した「Mutant Ape Yacht Club」(読み:ミュータント エイプ ヨット クラブ。以下MAYC)。
そのアイコンを日本で初めて利用した会員制コミュニティスペース「MUTANT STAND」が2022年10月、都内某所に誕生予定だ。

「MUTANT STAND」は、国内外でのWeb3.0コミュニティの交流や、さらなる活性化を目的として、NFTを中心にWeb3.0と様々なカルチャーを独自の視点からクロスオーバーしたイベントやコンテンツ、グッズ販売などを企画中で、可能性はさらに広がっていくとのこと。これに先駆けて、ティザーサイトがオープン。(オンラインストアは近日オープン予定)

スヌープドッグ、エミネム、ステファン・カリー、ジャスティン・ビーバーら、さまざまなジャンルの著名人が手にする人気プロジェクト、BAYCやMAYCなどのジェネレーティブNFTは全てが「一点モノ」となっているため、希少性が高く、価格も高騰。2022年3月時点で、総取引数量は約30万ETH(1200億円相当)となっている。それを三次元に登場させた「MUTANT STAND」は、都内からグローバルにWeb3.0の可能性を拡張し、加速してゆく。

「MUTANT STAND」の詳しい情報は以下まで。

問い合わせ窓口:llfg@mutantstand.xyz 
担当:井田
公式サイト:https://www.mutantstand.xyz/


プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000099024.html

画像:PRTIMES

編集部のおすすめ記事

新着記事