NFTにおける芸術と著作権侵害の狭間 ── coindesk JAPAN

NFTにおける芸術と著作権侵害の狭間

Netflix史上最も人気のある番組『イカゲーム(Squid Game)』は、9億ドル(約103億円)もの収益を上げたと推定されているが、製作スタッフはそれで満足するつもりはないようだ。

シーズン2に向けてさらに収益を上げるべく準備を整え、20以上の商標を登録して、様々な関連グッズやライセンス供与の契約をとりまとめている。

NFTと商標権

増収を目指す中で、Netflixは「Play Squid」と「Squid Game Card」のNFT(ノン・ファンジブル・トークン)コレクションを公認しなかった。プレーして稼ぐ型のコンテストと、「イカゲームメタバース」の2つのNFTは、世界最大のマーケットプレイスの「オープンシー(OpenSea)」において、合わせて245ETH(現在価格で約78万ドル相当)の売り上げをもたらしている。

どちらのNFTにも、Netflixや番組の製作者ファン・ドンヒョク氏は関わっていない。11月にラグプル(資金を持ち逃げする詐欺の一種)に終わり、多くの投資家を後悔させたイカゲームトークンも同様であった。


画像:Shutterstock

編集部のおすすめ記事

新着記事